リノベプロジェクト

緑川ビル男

ABOUT 窓の外は緑。環境を享受しながら内にこもる家。

鉄骨3階建てのビルをリノベーションします。

そのビルは、とても気持ちの良い場所に建っています。

窓の外にはわさわさ繁る街路樹の緑。緑の下には川の流れる公園。

ビルには、緑の眺めを切り取る大きな窓を設けます。

たまには外に出て散歩もするけれど、家の中に居ながら贅沢な緑を楽しむ。

プロジェクトの名前は「緑川ビル男」

STORYリノベーションの様子

ビルリノベの様子について、お届けしています。

写真上の矢印をクリック、またはフリックで次の写真へ。

  • SCENE.1打合せ

    • 1.冬のある冷たい雨の日、工事の進む現場で打ち合わせが行われました。

    •  
    • 2.天井板が外され、スケルトン状態になった1階に集まります。高さのある空間は、鉄骨の建物ならでは。

    • 3.CONTEMPORARY COCOON ROOM702(以下、CCR702)の上田さん、設計事務所MAEの森田さん、ハチセからは土堤内(どてうち)、浜田が参加。

    • 4.まずはキッチン廻りの仕様決め。CCR702の上田さんがサンプルを取り出します。黒を基調とした人工大理石の天板に、ツヤ感の異なるタイル壁。カッコよさを感じる仕上がりになりそうです。

    • 5.続いて2階へ。絶賛工事中の現場は、資材が至る所に置かれています。キッチンの上部のスペースに棚が設けられないか、検討中。

    •  
    • 6.3階まで上がると、窓の景色の良さに驚きました。

    •  
    • 7.まだ外には足場が組まれていますが、シート越しにも街路樹と山並みの景色が眺められます。

    •  
    • 8.そんな3階で見つけた、気になる部分。壁の角にあたる所に、アールになるように仕上げる部材が取り付けられていました。細部にこだわった空間の仕上がりを想像して、期待が高まります。

    •  
    • 9.建物の歴史を物語る、昔のまま残されていた場所。生かしておくのか、残すのか、完成を楽しみに待ちたいと思います。

MEMBER

  • CONTEMPORARY COCOON ROOM702

    京都の「おもしろ不動産」を紹介する不動産会社から始まり、現在は改装、運用の提案、インテリアコーディネート、最終的には賃貸物件ならその管理まで、一連の流れをトータルプロデュースされています。Webサイトのコンセプトページには「一生懸命、ふざける会社を目指して!」とあります。

    ≫Webサイト

  • MAE Yuichiro Morita

    おだやかな空気をまといつつ、淡々と打ち合わせを進める設計士さん。 ハチセもお世話になったことのある、設計事務所クカニアで設計されていたこともあり、今回のリノベにも縁を感じます。

    ≫Webサイト

  • (株)八清

    今回のリノベーションは、普段は賃貸担当の土堤内(どてうち)が、営業浜田と組んで行っています。チョークアーティストとしての一面も持つ土堤内が、今回のプロジェクトに新しい風を吹き込みます。