めぐる町家

味わい深い町並みや、住み良い環境を次の世代に残すために。ひとつの町家改修から始まる、環境配慮への取り組み。

変わらないこと、変えること

町家は「冬寒く、夏暑い」もの。

自然環境を取り込みながら生活することが前提とされている町家。外気を遮断し、空調を使うことが当たり前になった現代においては、その寒さや暑さが身体にこたえます。

京町家に沿うように暮らしを変えることも一つの方法です。しかし、改修に工夫することで、現代の生活に合うような、過ごしやすく快適な住み心地は生まれないだろうか?私たちは、その方法を追及してみたいと考えました。

風情ある建物や豊かな環境を次の世代に残すために、建物への施工の中で考えた、エネルギーを大切に使うという「省エネ」の視点。そして、太陽光発電などを採り入れることで、自分の家で使うエネルギーは自分の家でまかなうという「創エネ」の視点。

町家の本質や、大事な部分は変えない。どこを変えることで良くなるのかを考えてみよう。そんな想いから始まる京町家改修のプロジェクトです。
  • 現代の先端技術
  • 京町家の知恵・工夫