天下統一を果たした豊臣秀吉が手掛けた京の都市改造事業。そのひとつとして1591年に建造された御土居。都への出入口を限定し「口」と呼ばれる関所を置き、人の出入りや物流を管理しました。当物件はその玄関口「京の七口」のひとつ「荒神口」が置かれた地。「荒神口」は天皇の住まいである「禁裏御所」に近いため、周辺には公家や武家の屋敷が多く存在しました。

江戸時代に入ってからは、禁裏御所の警衛や、公家衆の監察などを司った「禁裏付」の屋敷が建てられました。幕末の動乱期には、会津藩藩主 松平容保 が京都守護職と任命され、会津の藩士らが直ちに御所周辺の警備ができるよう、荒神口の向こう側にも藩士の練兵場と屋敷が置かれました。

現在の荒神橋は、1914年に架け替えられたものですが、その一代前に当たる橋は、1867年の大政奉還の折に、天皇が避難を余儀なくされる事態に備えるため架けられました。

「御幸橋」「勤王橋」の別名を持つ荒神橋と荒神口周辺は、昔から天皇を守る役割を果たし、京都の歴史上でもきわめて重要な場所のひとつなのです。


京都御所 大宮御所御常御殿


京都仙洞御所の紅葉橋


電車やバスのアクセス、あるいは近隣のお店の情報などは、こちらの地図でご覧ください。

近隣地図

鴨川と京都御所の間に位置するだけに、日常で歴史や自然に触れることがたくさんあります。特に春は、あちこちで桜の景色が広がります。穏やかに流れる鴨川沿いの桜並木や、水面をかすめるように咲きこぼれる岡崎疎水の桜並木は身近なスポット。国民公園でもある御所は、桜や紅葉、梅や桃、銀杏などさまざまな木や草が植わり、多様な生き物が集まる都会のなかのオアシスです。

物件からの徒歩圏内には、京都大学の付属病院や研究所など関連施設が点在。日本最先端の研究を行っている京都大学iPS細胞研究所まであります。大学の多い京都の中でも、特に学術・医療関係者や学生が集まる、アカデミックな雰囲気が漂うエリアです。

物件から少し南の河原町通と丸太町通の交差点の周辺には、知る人ぞ知る個性的な書店「誠光社」や、オシャレな雑貨店やカフェが。飲食店もフランス、メキシコ、台湾料理など、バラエティ豊かにそろいます。日常の暮らしでも、短期の滞在でも、不自由なく過ごせるエリアです。


荒神橋から見た鴨川と飛び石。


飛び石から見た荒神橋。





Idea 1: Innovative Office
【ご提案】企業のオフィスやイノベーション拠点

近年、京都市内にオフィスや開発拠点を置く大手企業が相次いでいます。京都では優秀な学生が多く、外国人の人気も高いという利点があるため、拠点を置くことによってIT人材の確保もしやすくなると考えられます。そして、社員たちが日々京都の歴史、文化、自然に触れることによって、新規事業の芽が生まれるきっかけになるかもしれません。

豊かな環境の中から生まれる新しい発想、それが叶う京都に拠点を。

1階と2階の入り口は玄関で分けられ、それぞれの階に異なる部署を配置、あるいは二社の企業が分けて利用するなど、規模の大きな京町家だからこそ実現できた間取りです。

庭をのぞむ会議室、青空が見える室外デッキ、そして吹き抜けの広々としたリクリエーションスペースなど、ビルのようなオフィスではあまり見かけない環境の中で、新しいイノベーションもきっと生まれてくることしょう。

小さな画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

Idea 2: Restaurant
【ご提案】高級レストランや接待用の迎賓館

国内外から厳選されたインテリアに彩られた広々とした空間を贅沢に使い、星付きレストランや業界の要人を迎える迎賓館へ。 レストランに適した間取りへ変更するには改装が必要となりますが、琉球石灰岩の壁や十和田石の浴槽などの現在ある高級石材を活かして、お客様へ最高のおもてなしをプロデュースしてみませんか?

特別な空間を演出できる、ゲストの気持ちを昴ぶらせるエントランス。

お店の顔となるファサードと同様に重視すべきは、エントランスホールの佇まい。 高級料亭のご贔屓さまや業界の要人を迎える迎賓館にふさわしい、上品さと艶やかさを兼ね揃えたエントランスから、コンシェルジュが中へエスコート。 照明の演出やインテリアが醸し出す雰囲気は、大事なゲストにおもてなしの心地よさと期待をもたらしてくれることでしょう。

ほの暗く続く回廊こそが、期待をさらにたかめてゆく。

ほの暗く狭い空間にいると気が引き締まる一方、期待が膨らみ五感も鋭くなります。 廊下を渡ることで、お客様の五感がより研ぎ澄まされた状態で料理を提供することができます。1階と2階への廊下がそれぞれにありますので、客層に合わせて空間と雰囲気を各々に仕上げることができます。

琉球石灰岩の高級な質感、庭園を眺めながらお料理を味わうことの贅沢さ。

1Fの奥は現状浴室となっていますが、少し手を加えることで格調高い会食の空間へ改装することができます。 奥行があり外とのつながりを意識した室内は、国内外から厳選されたインテリアに彩られ上質なゆとりを感じる空間に仕上げられています。 迎賓館としてご利用の場合は、VIPだけのプライベートな晩餐会を開いたり、お得意様に非日常を満喫していただいたりと様々なシーンに合わせてお使いいただけます。

開放感あふれる吹き抜けの浴室を、とっておきのバーカウンターへ。

ゲストへのおもてなしのしめくくりは、プライベートのバーカウンターというサプライズ。 ここでしか味わうことのできないオリジナルカクテルを片手に、京町家の古材の味と高級石材が織りなす吹き抜けの開放感を堪能したゲストの気分は最高潮に。 まるでどこかの秘境にいるかような夢見心地の空間で、ジャズの余韻に身をゆだねる体験はゲストにとって一生の思い出になることでしょう。

【活用事例】弊社が預かっていた、もとは茶道具さんがご所有されていた100坪超の大型京町家が、現在ラグジュアリーなレストランと結婚式場として営業されています。店舗内の写真は以下のリンクでご覧ください。


外部リンク

Current Plan: Premium Machiya Resort
【現状】富裕層向け宿泊施設

1階と2階に分け、フロアごとに別の宿泊者が泊まれるように設計された京町家の宿です。海外の富裕層に京都の非日常とほんまもんの日常体験を提供してみませんか?

  • 1F
  • 2F

plan & photos

1棟の宿ではありますが1階と2階は独立した空間として設計されています。それぞれ和室、洋室、お庭と、浴室やキッチンなどの水回りが整備されています。入浴時や室内の時間を楽しく過ごせるように、伝統ある京町家の雅な趣を大切に遊び心も加え、非日常な体験を追求して造られています。

1階は、リビングダイニングとお風呂を一体化させた斬新なコンセプト。南国情緒を感じる琉球石灰岩の壁や、美しいやすらぎの色合いを持つ十和田石の浴槽をしつらえ、ダイナミックな空間が構成されています。

外観と室内写真/下の小さな画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

一階の紹介ビデオはこちらでご覧ください。

plan & photos

2階へ続く階段も神秘的な雰囲気が漂います。渡り廊下からお庭を眺めつつベッドルームへ。そして、映画のワンシーンなような吹き抜けの広々とした浴室は、まさに秘境のように設計された空間。

外観と室内写真/下の小さな画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

二階の紹介ビデオはこちらでご覧ください。

3D Virtual Tour

googleストリートビューのように画面上でバーチャルの物件内を移動し実際に室内を歩き見ることができます(物件のバーチャル内覧体験)。

※全画面で体験したい場合はこちらのリンクへ。

detail



賃 料 【事業用】770,000円(税込)
種 類 店舗・事務所(京町家)
礼 金 770,000円(税込)
敷 金 1,500,000円
契約期間 5年間
契約の種類 定期借家契約
再契約 可(更新料は新賃料の1ヶ月分)
所在地 〒602-0856 京都市上京区寺町通荒神口上る荒神町110番3、110番5
かみぎょうく こうじんちょう
〒602-0853 京都市上京区寺町通荒神口上る東入宮垣町78番6、78番8、78番10
かみぎょうく みやがきちょう
交 通 京阪鴨東線 神宮丸太町駅 5番出口 徒歩約8分
市バス 荒神口停 徒歩約1分
建物使用面積 1 階: 約113.95m² 2 階: 約81.12m² 延べ: 約195.07m²
建物構造 木造2階建
間 取 1階:2DK+テラス 2階:2DK+テラス
築年月 築不詳
用途地域 近隣商業地域
引渡し 即時
現 状 空家
駐輪スペース
駐車場
ペット 不可
楽器演奏
喫煙 不可
エアコン 残置物として6台あり
小学校 御所東小学校 徒歩約6分(約437m)
中学校 京都御池中学校 徒歩約19分(約1493m)
備 考 ※保証会社の保証および集金代行システム加入要。保証料は審査内容により異なります。
※借家人賠償責任保険の加入が必要。
※宿泊施設を継続するには新所有者名義による旅館業の再申請が必要。
※2019年7月全改装済:水まわり設備全て新設(キッチン・浴室・洗面・トイレ)給排水管・ガス管のやり替え、内装やり替え、給湯器新設、植栽、エアコン設置など。
※借主による改装可(内容について貸主の承諾は必要)。現状回復不要。
※家具家電付き。不要な場合撤去可能。
※京都御所の写真は京都フリー写真素材のものを使用しています。
取引態様 貸主(契約時の仲介手数料は不要!)
担当者 新野
最終更新日 2020年11月28日(土曜日)
次回更新予定日 2020年12月7日(月曜日)