めぐる町家

  • コンセプト

町家の知恵・建物の工夫

火袋による空気の流れ

空気の流れが作る、快適さ。町家の作りである火袋は、建物の1階と2階を繋げる吹抜け空間。台所や居室で作られる暖気を上階へと逃がします。

2階へと上った暖気は、さらに屋根面まで上がり、天窓から外部へ放出することで、室内を適度な温度に保ちます。

部屋と部屋とのつながりだけでなく、上下階への空気の流れを生み出している火袋。町家独自の構造は、快適性を考える時にも、有効な作りであると考えられます。

縁側と出格子=空気層

坪庭に面した縁側には、夏に建具を開け放っておけば、庭からの冷気が室内に入ります。そして、建具を閉めてしまえば、空気層を作り、その空間そのものが断熱を促します。

庭に面した縁側だけでなく、表の格子にも、室内側に建具を設けることで、空気層が出来るようにプランニングされています。

二重サッシと断熱材

外部の建具には、複層ガラスの入る木製建具を採用。
窓からの気温の変化を遮断します。

建具の内側に、障子を嵌めて二重サッシとすることにより、断熱効果を高めることが期待されます。

また、外部の壁面と天井面はすっぽりと断熱材で覆っています。「冬暖かく・夏涼しい」そんな町家を目指しました。

地域コミュニティ

天災で何が起きるかわからない現代。地域との結びつきが重視されています。「六条通商店街」という、小さな商店街に建つこの建物は、もともと八百屋さんとして営まれていたそう。

商店街としてはこじんまりとしている通りですが、昔からお住まいの方などが居られ、地域に溶け込みやすいとも言えます。

また、万一の停電時には、太陽光発電などが作動することで一定量の電力が確保できるので、地域の防災拠点
としても機能します。