fikaso09_裏片の杜 2021.11

島原エリアの東側、細い路地を迷いこんだ場所に、
秘密の「杜(もり)」をつくりました。

時の流れとともに植物が育っていくと、
この杜はやがて自分だけの特別な空間となります。

そんな杜の隣には、
建坪わずか6.5坪ほどの小さな小さな狭小住宅。

京都のまち中、ひっそりと佇む小屋と杜が、
静謐で穏やかなひとときを与えてくれます。

[Link]
■設計:DICETTA(ディチェッタ)酒井 敬洋 / 暮らし企画部 落海達也