日常のなかの非日常 茶屋町家 2020.06

ながい路地のどん突きに浮かぶ非日常な町家。

小ぶりながら、窮屈さは感じさせない工夫を凝らしました。
ちいさな家のポテンシャルを最大限引き出した町家。

入った瞬間、その鮮やかさに思わず目を奪われるエメラルドグリーン。
壁や床にアクセントとして使われている鮮やかな壁紙は、
この家のために調色し染められた唯一無二の一点もの。

素材を和紙にすることで、モダンな雰囲気の中に
和のテイストもしっかり演出しました。

路地奥は採光が取りづらく、うす暗い印象を持たれがちですが、
サンルームのような玄関をはじめ、トップライトを要所に設けることで、
上から光をとっておろしてくる設計に。

2階は南側と北側に広く窓をとっているため、
日中は照明が無くても明るく風通しのいいお部屋になっています。

暮らし企画部 落海達也