夢の平屋プロジェクト 2015.04

家族との距離感や、地面や自然を身近に感じて暮らせる平屋の住まい。

約60坪の広い敷地と、その半分以上もある大きな庭、十分な居住空間。
そんな贅沢な特徴を活かしながら、自分の手で暮らしを
どんどん豊かにしていけるイキイキとした住まいを作りました。

建物には4種類のテラスがついていて
窓を開け放つとそれぞれのテラスが部屋と一体化したり、独立したり。

たとえば春はテラスで、あたたかな日差しを浴びながら朝食を。
鳥のさえずりとともに、風に乗って疏水から花びらの便りが届くかも。

夏は窓を開放してリビングとテラスを繋げて半屋外にし、
のんびり読書はいかがですか。
木陰で感じる夏の風は気持ちがよくて、ついウトウトしてしまいそうです。

冬、窓越しに雪を見ながら、
静かにストーブの音に耳を傾ける時間はどれほど豊かなことでしょう。

そんな暮らしが市内の住宅街で叶うという贅沢さ。
リビングやダイニングを伸ばしたり縮めたり、使い方を工夫したり、
四季や自然を暮らしに取り入れることで、どんどん暮らしが豊かになってゆく。
そんな素敵な住まいです。

裏から見るとまるで3つの建物がくっついているような、
その開放感はまるで地面を海に見立てたヴィラのよう。
テラスは芝生も含めると合計15帖以上もあり、
建物の広さはテラスを含めることでなんと3割増しになります。

お友達を招いてバーベキューや七輪のほか、お子さんと一緒に花火をしたり、
家族で収穫を楽しんで新鮮な野菜でお料理をしたり、 冬に備えて薪割りもぜひ。

自分の暮らしを自分で選び作っていく過程は、想像以上に楽しいもの。
この家に暮らせば、きっとあなたの毎日に劇的な変化が訪れます。

[Link]
■設計:魚谷繁礼建築研究所
■2015.08 婦人画報掲載
■2015.09 ゲーテ掲載
■BS NHKプレミアム「あてなよる」