fikaso_01 アトリエ7.77 2013.11

東本願寺のすぐ西の細い路地を進んでいくと突如現れる小さなおうち。
路地には小さな平屋が六軒建ち並び、一番奥には素敵なお庭。
街中なのに広い空まで手が届きそうです。

今回のテーマはまさにその名の通り、アトリエ空間。
アトリエとは画家や工芸家、建築家などがクリエイティブな
仕事を行うための作業場のことをいいます。

建坪およそ7.77坪という小さな小さな空間ですが、
ここでモノづくりをしたり、個展を開いたり、友人を呼んだりする光景を
イメージしながら、空間を丁寧にデザインしていきました。

アトリエ7.77は昼と夜、2つの顔を持っています。

晴れた日にはお庭の植栽の隙間からレーザーのように光が差し込むんです。
開口を敢えてスリット状にし採光を絞ったことで、
入射した光が四方に反射し、土壁が温かく包みこんでくれます。

夜はまるでバーにでもいるような雰囲気。
照明により明るいところと暗いところのメリハリをつけることで
空間に奥行きが生まれ、リラックスムード全開です。

ここで淹れる珈琲はきっと格別なことでしょうね。