• 二棟並びの職住京町家(京都市上京区松屋町)
  • 二棟並びの職住京町家(京都市上京区松屋町)
  • 二棟並びの職住京町家(京都市上京区松屋町)
  • 二棟並びの職住京町家(京都市上京区松屋町)
  • 二棟並びの職住京町家(京都市上京区松屋町)

Scroll

北棟

明治時代から引き継いだ、
事業拠点としても使える大型京町家

南棟

職住一体の便利さを備えつつ、
プライベート空間として独立した奥棟の住居

features物件の魅力

features物件の魅力

  • 入口に入ってすぐ繋がるミセノマは、商いやギャラリーなど多岐にわたる用途が考えられます。西陣織の原点である西陣の歴史を感じながら、活気に満ちたスペースとして機能することで、物件に新たな可能性をもたらします。

    広々としたミセノマ

  • 土足のまま入れる廊下状の土間。ここは昔、おくどさん(竃)があった炊事場。上部に開口部があるので、光が柔らかく降り注ぎ、やさしい陰影を作り出します。

    昔ながらのトオリニワ

  • 大正時代以降に建てられた京町家に見られる、2階の軒の化粧構造。大屋根の軒の空間を広く取ります。

    貸木造りの化粧軒

  • 秘めたる魅力を感じる、特別な空間。独自のワインバーやコーヒー焙煎室など、他では作り出せないこだわりの空間が生まれそうです。また、音が漏れにくいため、ホームシアターや楽器の演奏室、集中して使える書斎などの使い道も◎

    天井が高い地下室

  • 現在、天井板を取り除いたことで、梁が架かる小屋組みが見事に現れ、高く開放的な空間となっています。特に、100年以上も屋根を支えてきたゴロンボにも注目です。

    伝統構法の小屋組

  • 物件内には伝統的な和のデザインを特徴とする床の間が数か所残されています。凛とした雰囲気が広がり、ここでしか味わえない特別な雰囲気を醸し出します。

    凛とした佇まいの床の間

plan間取図

2軒並びの建物で、部屋数の多い間取りです。
2棟をつなげて大空間を造ったり、北棟を事業用に、南棟を住まいにして職住一体でのご利用も考えられます。京町家の伝統的な構造を活かして、ギャラリー兼アトリエやフォトスタジオ、事務所としてもおすすめです。
現在内部は解体されており、町家のような古い建物で心配な、構造の状態を確かめることができます。

photos写真

北棟

※下の小さい画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

南棟

※下の小さい画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

virtual tour360°カメラ

画面をドラッグ/スワイプしたり、画面内の矢印やアイコンをクリック/フリックすることで室内の様子がご覧いただけます。

location立地

織物のまちとして古くから栄え、
住みながら働く『職住一体』が支えてきた西陣

西陣は、京都市街の北西部に位置し、上京区と北区を中心に広がる地域全体を指します。
日本を代表する工芸の一つ「西陣織」の発祥地として世界的に知られる西陣は、実は平安時代から織物が盛んでした。
「西陣」という名前の由来は、室町時代中期の応仁の乱で西軍の本陣があったことにあります。乱後、逃れていた職人たちがこの地に戻り、小さな織物工場付き住宅を築き、西陣織は大いに発展しました。

京都らしい風景が広がり、今でも織機の音が生活音のように聞こえる西陣には、古き良き町並みが残っています。
伝統を重んじる一方で、名前を聞くと敷居が高いように感じる方もいますが、最近では伝統と若さが融合し、若者の注目を浴びています。特に2019年には京都市が「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」を策定し、エリア周辺には若い世代が運営する店が増加しています。

物件から約500m半径以内には歴史の長い西陣千本商店街と北野商店街、風情のある花街上七軒通りもあり、暮らしの場としても商いの場としても便利な立地です。
また、古くからものづくりの街である西陣エリアは、クリエイターの住居兼創作活動の拠点としても考えられます。

古き良き伝統的な町並みと、若い店舗の「今っぽさ」が程よく入り混じり、それが今の西陣の魅力です。

details物件概要

価 格 4,980万円
種 類 中古住宅(京町家)
所在地 京都市上京区千本通元誓願寺下る松屋町391番1
きょうとし かみぎょうく まつやちょう
交 通 京都市バス「千本今出川」停 徒歩約3分
地下鉄烏丸線「今出川」駅 6番出口 徒歩約23分
敷地面積 【公簿】158.64m²(約47.98坪)
【現況・仮測量】約136.98m²(約41.43坪)
私道負担 有(約20.48m²)
建物面積 【公簿】北棟(家屋番号28番):1階:58.87m² 2階:57.38m² 延べ:116.25m²(約35.16坪) 附属建物:便所/木造平家建/3.07m²
【公簿】南棟(家屋番号29番):1階:28.89m² 2階:21.09m² 延べ:49.98m²(約15.11坪) ※建物未登記(有)
【現況・簡易テープ測量】北棟(家屋番号28番):1階:73.90m² 2階:66.12m² 延べ:140.02m²(約42.35坪) 地下室:約10.56m²
【現況・簡易テープ測量】南棟(家屋番号29番):1階:41.75m² 2階:22.66m² 延べ:64.41m²(約19.48坪)
建物構造 木造2階建
築年月 北棟・南棟とも:築不詳(家屋評価調書によると大正6年の記録有)
間 取 6K(北棟)+ 4K(南棟)+ 庭
接道状況 北棟(家屋番号28番):幅員約4.39~4.47mの北側道路に約6.76m接道
設 備 上下水道・都市ガス・電気
用途地域 準工業地域
法令制限 15m第三種高度地区、準防火地域、旧市街地型美観地区、遠景デザイン保全地区、屋外広告物第3種地域、西陣特別工業地区、居住誘導区域、既成都市区域
引渡し/現況 即日/空家
建ぺい率/容積率 60%/200%
地目/地勢 宅地/平坦
土地権利/国土法届 所有権/不要
小学校/中学校 乾隆小学校 徒歩約8分(約640m)/嘉楽中学校 徒歩約6分(約430m)
都市計画 市街化区域
備 考 ※京町家プロフィール有り(住宅ローンの相談承ります)
※本物件は現状有姿での取引とします。
※建物は老朽化が進んでいるため、使用に際しては修繕が必要です。
※写真内の動産類は販売価格に含まれません。
※本物件は株式会社2.0様を通してのお取引となるため、成約時には仲介手数料が必要です。
取引態様 売主
担当者 柳内
最終更新日 2024年2月19日(月曜日)
次回更新予定日 2024年2月26日(月曜日)
見学希望・ご質問はこちらへ