番浦省吾氏

プロフィール写真

明治34年石川県七尾市に生まれる。少年期より画家を志していたが、大正10年ごろから蒔絵の道に進む。大正14年には京都へ移住。昭和のはじめには帝展や文展に出展。昭和12年にはパリ万国博覧会に出展し名誉賞を受賞。その後も日展へ出展し多彩な賞を受賞しながら、幾度も審査員を務めた。昭和41年には四天王寺の極楽門に飾られる漆絵壁画「釈迦十大弟子」を完成させる。昭和54年に勲四等旭日小綬章を受章。昭和57年永眠。