KITAMACHIYA 織屋建×中庭×ときどき、ハナレ

ダイニングイメージ

借地権付き物件詳細はこちら

ようこそ、KITAMACHIYAへ。

八清は、お客様にわくわくしていただける家をつくるために日々様々な方法を考えています。
「かけざん」は、新しい何かを生み出してくれる素敵な法則。
今回はどんなお家に仕上がったのでしょうか?

それでは、みなさまをKITAMACHIYAへお連れいたします。

KITAMACHIYA

北町にある町家。だから、「KITAMACHIYA」

上京区の北町にある町家だから、KITAMACHIYA。このエリアは北野天満宮の南に位置し、西陣織で有名な西陣エリアの北西にあたります。
西陣のルーツは、室町時代、応仁の乱で山名宗全が、東軍に対し西に陣を構えたことにはじまります。
応仁の乱の以後、焼け野原となった地域を復旧するために職人が戻り住み、職住一体の住居がこの一帯に建てられました。
その住居が「織屋建」の前身です。

織屋建

「織屋建」

細い土間を抜けると、屋内とは思えない天井高の空間と、 庭まで広がるひとつづきの空間とが僕を包む。
「今はリビングだけれど、昔はここで誰かが機(はた)を織っていたのだろうか。」
僕は天井高の小屋裏を見上げた。この天井は、ばたん、ばたん、という機織りの音をよく聞いていただろう。
「この天井を見つめて、あともう少しがんばるか、 と家族と自分を奮い立たせていたのかも。」

広いウッドデッキの庭

「中庭」

庭からのぞかせるヤマボウシの葉が揺れるのが見えた。 風が吹きこんだ気がした。
天気のいい日は木製の建具を開け放して、外で本でも読みたい。 デッキに出て空を見るとすでに日は高かった。
中庭に向かって勾配になった屋根に光が滑る。 このウッドデッキは光と戯れる時間が特段長い。

離れ

ときどき、ハナレ

庭を挟んですらりと建つ離れには、小さな棚と小窓が一つ。 ここは書斎兼アトリエ、僕の城。
普段は母屋で寝るけれど、ときどき、 ここで創作をしながら寝てしまうことがある。

「またここで寝ちゃったの?」

パートナーが僕を叱りに来る前に 小窓から差し込む朝日がそっと僕を起こしてくれるに違いない。

open house

Re:デビュー後、はじめてのオープンハウス 開催!

日時:6/27(土)10:00~13:00

お気軽にお越しください♪ >> 詳しくはこちら(八清サイト内リンク)
※オープンハウスは諸事情により告知なく変更される場合があります。
ご来場の際は、上部リンクのオープンハウスページにて開催日時のご確認をよろしくお願い致します。

PLAN

間取り

建物の奥に作られた従来の作業場である天井高の空間を活かし、開放感のあふれるリビングに仕上げられています。ミセノマでは隠れ家的なお店を開いたり、リモートワークの拠点としても。もともとが職住一体として作られているため、キッチンや居室などの生活部分はすぐそばにかつコンパクトにまとめられています。リモートワーク需要が増えた今、職住一体の町家と現代は、時をこえてつながったのかもしれませんね。

織屋建-おりやだて-とは?

この地域に多く残る、織屋建(おりやだて)とは、 職住一体の住居に見られる間取りで、
機織り機を配置できるよう天井高の作業場を持っている町家の構造のこと。
機織をするときの音が迷惑にならないよう配慮し、多くは通りから作業場を奥に配置しています。
独特の構造をもった町家の造りで、織物業が多かったことから発達した西陣地区の伝統的な建築構造といえるでしょう。

織屋建

※八清改装:エシカルハウス・西陣織屋建の町家ページより抜粋

PHOTOS

※小さい写真をクリックすると、大きく表示されます。

360CAM

クリック・ドラッグ・スライドでお部屋の様子を見ることができます。

北野天満宮 イメージ写真

MAP

「天神さん」こと北野天満宮まで 徒歩約9分(約700m)

1500本もの梅や学問の神様として有名な「北野天満宮」。菅原道真公をお祀りした神社の宗祀であり、「天神さん」と呼ばれ、親しまれています。

毎月25日の縁日には“天神市”が開催され、境内には京野菜や名産品のほか、骨董品や古着、植木などの店が約1000店並び、多くの人で賑わいます。

電車でのアクセスのご紹介

JR「円町」駅まで 約880m(徒歩約11分)

京都駅まで乗換なしで行くことができます。(乗車時間:[普通]約10分)

嵐電 北野線「北野白梅町」駅まで 約600m(徒歩約8分)

京福電鉄(通称:嵐電)の沿線には、嵐山のほか、太秦広隆寺、仁和寺、妙心寺、龍安寺、芸能の神様としても知られる車折(くるまざき)神社などの名所が目白押しです。ゆったりと走る嵐電に乗って、のんびりした散策を楽しむことができます。

バスでのアクセスのご紹介

「大将軍」停まで 約4分(約250m)

[停車するバス]
・15系統[東側のりば]四条河原町・三条京阪 / [西側のりば]立命館大学
・203系等[東側のりば]四条河原町・祇園 / [西側のりば]銀閣寺・出町柳駅
・204系統[東側のりば]銀閣寺・京都造形芸大前 / [西側のりば]金閣寺、北大路駅
・205系等[東側のりば]京都駅・西大路四条 / [西側のりば]金閣寺、北大路駅 etc.

上京区北町周辺地図

京の旬野菜直売所

京の旬野菜直売所

物件周辺を散策すると、有機農業にこだわりをもち、自宅の軒先にある直売所にはひっきりなしにお客さんがやってくるという「京やさい 佐伯」をはじめ、メディアには掲載されないような軒先の直売所に出会うことも。洛中で生産者の顔の見える新鮮な野菜は、労力をかけてでも買いに行く価値あり!

源湯

銭湯めぐり

物件周辺には、銭湯が点在しています。鉄製の下駄箱や様々な種類のレンガなど目でも楽しめる要素の多い「源湯」(みなもとゆ)、杜仲茶湯・ウーロン茶湯・よもぎ湯・コーヒー湯など日替湯が名物の「山城温泉」、時計台を思わせる外観の「松葉湯」では浴場内でインコが飼われているそうで、どの銭湯を訪れても個性があふれています。衣まとわぬ姿で見る芸術を楽しんでみては。

ギャラリー&喫茶 〇△□乃徳

ギャラリー&喫茶 〇△□乃徳

ギャラリー&喫茶 〇△□乃徳(まるさんかくしかくのとく)では店主が収集した煎茶道具や陶器などが展示・販売されています。喫茶では現在活躍中の陶芸家作品で喫茶を楽しむことができ、お気に入りが見つかると購入することもできます。また、煎茶道やお茶の産地を当てる「茶かぶき」など様々な文化を体験できるイベントが開催されていて、非日常の世界を味わうことができます(予約制)。2階では、小中高生を指導する塾が開かれているそうですよ。

DETAILS

価 格 3,680万円
種 類 中古住宅(京町家 連棟2戸1)
所在地 京都市上京区御前通西裏上ノ下立売上る北町580
きょうとし かみぎょうく きたまち
交 通 市バス『大将軍』停 徒歩約4分
京福電鉄北野線『北野白梅町』駅 徒歩約8分
JR山陰本線『円町』駅 徒歩約11分
敷地面積 【公簿】94.98m²(約28.73坪)
私道負担
建物面積 【公簿】1階:67.29m² 2階:35.78m² 延べ:103.07m² (約31.17坪)
建物未登記無
建物構造 木造2階建
築年月 築不詳(大正13年の記録有り)
接道状況 幅員約 5.3mの東側道路に約 6.0m接道
改 装 2019年10月全改装/ 改装箇所:水廻りの新調(浴室・キッチン・トイレ・洗面、等)外壁補修及び塗装、建具の新調(外部・室内)、内装のやり替え、屋根:瓦の葺き替え、構造補強、配管やり替え、床暖房・プロジェクター設置
2020年6月小改装/ 床・床暖房拡張、靴箱設置、中庭アルミサッシを木製引きこみ戸に変更、2F手すりやり替え、2FWICポールの設置、すだれ用フック設置
間 取 3LDK+ウッドデッキ+納戸
設 備 上下水道・都市ガス・電気
用途地域 第一種住居地域
法令制限 準防火地域、15m第2種高度地区、旧市街地型美観地区、遠景デザイン保全区域、屋外広告物第3種地域
引渡し 即時
現 況 空家
建ぺい率 60%
容積率 200%
地 目 宅地
土地権利 【土地権利:旧法・借地権】
・月額地代:10,300円(2019年度)
・敷金:123,600円(月額地代の12か月分)
・借地期間:当初20年間
・更新:可(20年毎、更新料要)
・借地権の譲渡:借地権の第三者譲渡 /転貸可 (ただし地主の承諾と承諾料要)
・譲渡承諾料/2,108,600円(購入時は八清が負担)
・借地権設定登記/不可
・地主:選佛寺 様
地 勢 平坦
都市計画 市街化区域
国土法届 不要
小学校 仁和小学校 徒歩約5分 約360m
中学校 北野中学校 徒歩約5分 約390m
取引態様 売主
備 考 ※将来、本物件を売却される際、建物の譲渡には、地主の承諾及び譲渡承諾料  が必要です。
※写真内の動産類は販売価格に含まれません。
※宿泊施設としての利用不可です。
※事務所や店舗としての利用を希望される場合は、ご相談ください。
担当者 落海
最終更新日 2020年6月29日(月曜日)
次回更新予定日 2020年7月6日(月曜日)

▼購入後も安心。お客さまの用途に合わせたサポートサービスをご用意しています。

  • 八清サポートクラブ
  • 空家管理サービス
  • 京別邸
  • 八清の改装物件はここが違う!

Google Map