明るい南向き、広々3LDK+ガレージ

こがね塚の家

  • 2階からの眺め-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)
 

疏水の流れと山並みを眺める町

京都市内へと琵琶湖の水を運ぶ琵琶湖疏水沿いの町、
山科区四ノ宮小金塚。
JRや京阪京津線の通る山科区北部にあり、
山のそばの自然豊かな地域です。

名神高速道路の京都東インターや西大津バイパスが近いなど、
車を使う方にも生活のしやすい立地にあります。
バイパスと1号線を使えば、京都市内へのアクセスも便利です。

小金塚は四ノ宮の山並みの中にあり、南向きの斜面に家々が並ぶ街区となっています。街区の中には、郵便局やドラッグストア、コンビニなどの施設があり、子育て世帯にうれしいこども園も。

周囲の山並みの眺めが気持ちの良い立地にある、
1軒の家をご紹介します。

  • 建物の前から山並みを眺めて-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)

    家の前から
    山並みを眺めて

  • 琵琶湖疏水(山科疏水)-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)

    近くを流れる
    琵琶湖疏水
    (山科疏水)

地図イラスト-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)

琵琶湖疏水

明治期の京都で行われた一大事業、琵琶湖疏水は、京都の歴史遺産の一つです。人口の運河とはいえ、疏水の流れは南禅寺の水路閣や哲学の道に見られるように、美しい景色を作り出してきました。

かつてはこの疏水を通って大津や伏見、大阪との間で米・炭・木材・石材などが船で運搬され、また、観光客を乗せた遊覧船も行き来していたそうです。平成30年の春からはその遊覧船が67年ぶりに復活し、注目を集めています。

びわ湖疏水船のサイトへ(外部リンク)

この疏水沿いには遊歩道が整備されています。少し歩いてみると、水の流れがあるので風が吹き抜け、木陰は涼しく、夏の暑い日にもさわやかな散歩道でした。紅葉や桜も植えられているので、季節ごとに違った趣が感じられそうですよ。

琵琶湖疏水の写真-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚) 琵琶湖疏水にかかる橋-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚) 琵琶湖疏水の写真-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)
 

リノベーション用にも。そのまま住んでも。

道路に対して南向きに建つこちらの家。道路面から1段上がった場所に建ち、南向きに開けた立地のため、1階・2階ともに日の射す明るい住まいです。玄関の前にはテラスが付いており、道路面からはあまり視線の気にならない場所のため、プライベート感のある空間として使えます。

昭和58年築の建物は丁寧にお住まいされているため、そのままお使いになることはもちろん、リノベーションによって自分好みの空間を作って住まうこともお考えいただけます。

建物の広さは広々約30坪の3LDK。
ガレージ付のため、車を使うご家族の住まいはもちろん、大阪や滋賀へのアクセスの良い立地を生かして、京都滞在時のセカンドハウスとしてもご検討ください。

間取図-こがね塚の家(山科区四ノ宮小金塚)  

写真

画像の右側をクリック、又は横フリックすると、
次の画像が表示されます。

この物件に問い合わせる

価 格

700万円

種 類 中古住宅
所在地

京都市山科区四ノ宮小金塚5番14

交 通 京阪「四宮」駅 徒歩約19分
京阪「四宮」駅より京阪バス「四ノ宮」停歩4分、
バス6分乗車「藤尾・小金塚」停下車徒歩約5分
JR「山科」駅より京阪バス10分乗車、「藤尾・小金塚」停下車徒歩約5分
敷地面積 [公簿]117.83m²(約35.64坪)
私道負担
建物面積 [公簿]1階:61.11m² 2階:41.73m² 延べ:102.84m²(約31.10坪)
建物未登記(無)
建物構造 木造2階建
築年月 昭和58年10月
間 取 3LDK+ガレージ

接道状況

南側/幅員約4.8mの道路(公道)に約9.1m接道
設 備 上下水道・都市ガス・電気
用途地域 第一種中高層住居専用地域
法令制限

15m第1種高度地域、山ろく型修景地区、屋外広告物第2種地域、宅地造成工事規制区域

引渡し 空家
現 況 即時
建ぺい率 60%
容積率 192%(指定容積率:200%)
地 目 宅地
土地権利 所有権
地 勢 平坦
都市計画 市街化区域
国土法届 不要
小学校 音羽小学校 …徒歩約28分/約2.2㎞
中学校 音羽中学校 …徒歩約36分/約2.8㎞
取引態様 仲介
担当者 藤井・本門(もとかど)
備 考

◆売主は瑕疵担保責任を負いません。
◆建物は老朽化しているため、使用に関しては修繕が必要です。
◆第一種中高層住居専用地域につき旅館業の許認可は取得できません。

最終更新日 2018年9月18日(火曜日)
次回更新予定日 2018年9月27日(木曜日)