商品のご案内

オーナーズボイス

居住用

vol.15 薪ストーブのある京町家

今回は、薪ストーブのある町家で初めて冬を迎えられるN様ご家族のお宅訪問。本格的に寒くなる季節の前に、薪ストーブに初めて火を入れる「火入れ式」が行われるということで、その様子を見せてもらうことに。薪ストーブの専門家「京阪エンジニアリング」の富永さんから、使い方を丁寧にレクチャーして頂きました。


薪ストーブへの火入れ、ただ火を付けるだけ?と簡単なように思っていましたが、薪のくべ方、火の付け方、ストーブに入る空気量の調整などにもひとつひとつコツがあって、レクチャーを受けてみると、感心することしきり。

丁寧な説明を受けながら、ひとつひとつ手順を踏んでいき、実際にお客様が火を入れる際には、私たちも思わずパチパチと拍手。その瞬間は、大人になって思いがけず誕生日をお祝いしてもらったときのような、少し照れくささの混じる、あたたかな気持ちに皆が包まれました。

お客様は、「薪の調達はどうしたら?」「煙突からの煙はご近所にどれくらい配慮しないといけないの?」など、これから実際に薪ストーブを使って行かれる時に気になることについて、富永さんからの説明を特に熱心に聞かれているご様子でした。

この家の薪ストーブは、吹抜けで広々としたリビングに設置されています。普段は床暖房やエアコンで温度を調節されているそうで、今のところ不便は感じられていないそうですが、実際に薪ストーブを使ってみていかがだったのでしょうか?

使い方のレクチャーを受けて、実際に使ってみていかがでしたか?

(ご主人)使い方を教えてもらったばかりで、実はまだ薪も調達していないんですよ(笑)
でも、教えてもらったら火が点くもんですね。今はなかなか時間が取れないことが多いのですが、時間が作れたらもっと使っていきたいですね。

(薪ストーブの温度計を見て…)火の温度、なかなか上がらないですね、調節したほうが良いのかな…(と言いながら、火を覗いたり、温度を確かめたりするご主人。)

 

それでは、火入れ式も終わったところすみませんが、
この家を選ばれた経緯についてお聞かせ願えますか?

(八清スタッフ)町家というのに、何かこだわりはありましたか?

(奥様)八清さんのホームページをずっと見ていて、オープンハウスには何度か足を運んでしました。
もともと、和の家に憧れはありましたね。

(八清スタッフ)町家は暗い、寒いというイメージを持たれがちですが、そういったことは気になりませんでしたか?

(奥様)八清さんがされている町家の宿に泊まったことがあって。その時に、こんな雰囲気の家に住めたら良いな、という思いが膨らみました。その時は、京都の地元の人が言っているほど寒くないな、という印象でしたよ。

この家にお住まいされて、ご近所さんとの付き合いはいかがですか?

(奥様)引っ越してきたすぐ後が、ちょうど地蔵盆の時期で。家の前にお地蔵さんの祠があるので、地蔵盆に参加して、その打ち上げで地元の人とは仲良くなれました。タイミングが良かったですね。

行事ごとが多くなるのかな、とも思いましたが、そんなに頻繁ではないので苦にもならないくらいですよ。

 

デッキの写真

この辺りの住み心地はいかがですか?

(奥様)歩いて行けるすぐ近くに、野菜農家さんが軒先でされている、産直の販売所があって。軒先のちょっとしたスペースでされているのですが、そこで買う野菜は美味しいので助かっていますね。

あとは、北野天満宮が近いのですが、この間は何か建物の落成記念の行事をされていたようで、主人と一緒に見に行きました。市川海老蔵さんがお餅撒きに来られていて、主人はそのお餅が拾えたようですよ(笑)

スーパーは割と近いのですが、自転車で行くと少し坂道があるのが気になりますね。北のスーパーだと、行くときが上り坂で帰りが下り坂、南のスーパーだと、行くときは下り坂、帰りは上り坂になるんです(笑)

縁側の写真

この家の中でお気に入りの場所はありますか?

(ご主人)お風呂が広くて、庭が見えるのが良いですね。ゆったりしていてくつろげます。
今までマンション住まいをしていたので、戸建の家ならではの良さですよね。

仕事が遅くまであるので、なかなか家でゆっくりする時間がないのですが、お風呂に入る時には気持ちが良いのでうれしいですね。

(奥様)あとは、リビングの天井が高いので、圧迫感がなくて広く感じられます。床暖房で暖かい部屋でもありますし。友達を家に呼んで、リビングに上がってもらった時には、雰囲気良く作ってあるので、このリビングでお店を始めたら?と言われたこともありますね。

そうそう、お庭の木塀にハンモックがかけられるフックも付けてあるんですよ。
良ければ帰られる前に揺られて帰ってみてくださいね。

インテリアの写真

・・・お話を伺って(担当:K)・・・

リビングの中で存在感があり、インテリアにもなっている薪ストーブ。
火が入れられると、じんわりとした温かさが伝わり、
これから薪ストーブのある暮らしをたくさん楽しんで頂けたらな、と思いました。

薪ストーブに初めて火を入れる、とsいう、この家にとって記念になるような日。
そんな一日にお邪魔させて頂いて、お話を聞かせて頂いて本当にありがとうございました。

 

薪ストーブ「京阪エンジニアリング」
本社ショールーム
〒601-8184
京都市南区上鳥羽南村山町29-1
フリーダイアル:0120-88-4541 / TEL:075(682)7177 / FAX:075(682)7180
HP:
京阪エンジニアリング(外部リンク)

 

DATA
  • 所  在:京都市上京区
  • 家族構成:ご夫婦、お子さん1人
  • 間取構成:3LDK+納戸 ( 改装済の物件をご購入いただきました )
  • 居住歴:半年
  • 特徴:伝統的なたたずまいの町家をリノベーションし、開口部の工夫、薪ストーブの設置などで、一年を通した快適性を考えたLDKのある住まい。