商品のご案内

京宿家・京だんらん・京貸家 比較表
京宿家 京だんらん 京貸家
目的

不動産投資

空家京町家の資産活用

セカンドハウス

不動産投資

空家京町家の資産活用

不動産投資

空家京町家の資産活用

建物の大きさ 京町家に限る
(昭和25年以前の建築物)
延床60~100m²
100m²以上は要相談
京町家に限る
(昭和25年以前の建築物)
延床120~200m²
200平米以上は相談下さい
延床おおよそ30~120m²程度
そのほか相談可
望ましい立地 駅近辺、祇園近辺、都心部、
観光地近辺
(総合的な判断が必要です)
利便性・雰囲気のよい街 都心部、駅近辺
管理方法

・全部委託
集客、入金管理、アフターメンテナンス、接客、備品等管理、清掃、宿泊プラン等提案、ウェブサイト管理

・グループ脱退後の自己経営も可能です

・全部委託
入居者募集、入居者の選定、家賃管理、 アフターメンテナンス、コミュニティ管 理、週1回の清掃、退去・更新手続き等、 ウェブサイト管理

・グループ脱退後の自己経営も可能です

・全部委託
入居者募集、入居者の選定、家賃管理、アフターメンテナンス、退去・更新手続き等

・グループ脱退後の自己経営も可能です

管理費用

宿泊者数等によります。

運営費・年会費・備品代等、そのほか清掃・リネンなどの費用が必要です。

詳細は担当者までお問い合わせください

マネジメント費用:稼働家賃の20%
(最低管理費60.000円/月)

詳細は担当者までお問い合わせください。

京貸家で住宅の場合4,500円/月~
テナントその他の場合5,400円/月~

メリット

・セカンドハウスとして利用可

・居住用と比べて収益率が高い

・大型物件の活用が可能

・暮らし方で他の賃貸物件との差別化が可能

・躯体構造まで見直した改修を行っているため、長期的な活用が可能

・入居率が高い

デメリット

・経済情勢、シーズン等に左右されやすい

・旅館業許可申請等手続きに時間が必要

・入居者にマナーの悪い人がいると
 全体に影響が及びやすい

・小型物件でないと収益率が上がらない

・入居者が無ければ収入がない

予算の目安

購入の場合:3,000万円前後~

活用の場合:地価、建物の状態、規模、改装仕様による

購入の場合:5,000万円~

活用の場合:地価、建物の状態、規模、改装仕様による

購入の場合:1,000万円前後~

活用の場合:地価、建物の状態、規模による

ローン 金融機関と相談 金融機関と相談 金融機関と相談
そのほか 当社では物件の特性に合った改装、味わいや質感を出すことによって
マンションや新築物件などとの差別化を図るご提案を致します。