はじめに-古い家を貸す

京都の空家は、とどまることなく増え続けています。
これからの社会を考えると、少子化やその他の要因から日本の人口が減ることは確実です。それにも関わらず、不動産会社や投資家は何も考えず新しい建物を作り続け、その結果として空家が増え続けていることに疑問を感じます。高度経済成長以降、賃貸市場ではマンション住まいが主流になり、現在では賃貸を希望する方のほとんどは、マンション物件を探しているのではないでしょうか。
しかし、「(株)八清」ではあえて町家にこだわり、入居者を募集するだけの不動産会社や、新しいものを建てる建築会社でもなく、古いものをリノベーションすることによる利活用方法を得意としています。
戸建は一つとして同じものはありません。スクラップ&ビルドではなく、一つ一つの良さを追求し、現代にあった生活様式に改修(リノベーション)することや、シェアハウスのような用途変更(コンバージョン)などにより、新たな息吹を吹き込むことで、次の使命を与え、より長く有効な資産活用が出来ると確信しています。もちろん、古い家の資産活用に付随するわずらわしい賃貸管理についてもご提案させて頂きます。
不動産は様々な立場の方々にとって、人生の礎の一つです。一人でも多くのオーナーの笑顔、一人でも多くの利用者の笑顔を作る橋渡しをして行きたいと思います。