ギャラリー+住居

2012年1月にお引渡しをしたK様邸に住まい後インタビューでおじゃましました。
1階は店舗、2階は住居にされ素敵なご夫婦が営む、素敵な雑貨が集まるお店です。

こちらのお住まいに決められた理由

はじめから、お店を中心とした住まいを考えており、
家の立地と室内がシンプルに仕上げられているのが大きな理由でした。
そのままお店をスタートするのはなかなか難しいと思うので、
手を加えられる余地があるのか。手を加えられる楽しみがあるのか。を
中心に住まいを考えていました。
“自分でアレンジしていける”それを考えた時に、
こちらのお家は後から自分達でカスタマイズできるというのが大きな魅力でした。

暮らしてみて、以前の住まいとの違いは?

以前は織屋建の町家に住んでいました。
天井の高い住まいで、ほとんど手を加えていなかったこともあり寒かったです。
こちらの住まいはベースの部分がしっかりしているので、すごく暖かいです。
水廻りなどの設備面も新しく改装されており、台所仕事がしやすいですね。
“町家=住みにくい”というイメージをくつがえすような住みやすさがあります。
以前の住まいはお風呂やお手洗いが離れだったため寒かったです。
女性の方も冷え症など心配なく住めますし、女性の目線から考えて頂いているのが大きかったです。

この家のお気に入りはどこですか?

窓が大きいところです!
朝、起きて1階に降りてきた時の部屋の明るさや、気持ちよさで、
ちょっと寝ぼけていた頭が覚めます。
空気を入れ替えた時に、けっこう入ってくる空気の量がおおいので、
朝は忙しいですけど、そのちょっとした時間がとても大切です。
そういった意味でリフレッシュできる瞬間でもあり
気持ちの切り替えができるところです。
玄関を入ったエントランス
玄関が直接通りに面しておらず、玄関をあけてワンクッションある空間がとても良いです。
小さい空間ですが、緑が楽しめる空間でもあり得した気分です。
外観と室内との違いも楽しめますし。
緑が好きな方には、お庭のある町家はおススメですよね。
お庭があまり広いと、すごくたくさんの樹を植えなきゃ。と色々考えちゃいますけどね(笑)

最後にアドバイスをお願いします。

思いきって、一歩を踏み出すことが大事!
先に家を買っちゃって、この先どうするの?と考えたり、
お金の面とか色々不安はあると思いますが、
住まいを維持していく方が意外と大変だったりしますよね。
一歩踏み出すってことは、すごくもう大変な決断と、
必要以上に考えることもありますが、
それでも勇気をもって、大事なモノを買うことで、
住まいを長く、きれいに楽しく使っていこうという気持ちも生まれますよね。
女性は特に思いっきりが大事なのかなと思います。

ちょっことしたことでもいいんですけど、
段階的にライフスタイルをどうしていこうかな。ということを
頭の隅に置いておくことが大事ですね。

今、自分の好きなものは大事ですし、
10年ぐらい先になった時は、自分が身に着けている洋服は変わっていくと思うんですよね。
長い先を見据えたうえで、それでも住めるお家だったり、
身に着けている洋服だったり、お化粧品だったりと同じように、
長く一緒にいても飽きないのは自分にとってどういうことなのかを、
普段の暮らしから見つけていけるといいんじゃないかな。
難しいですよね…(うん、うん。その場に居た全員うなずく。)
思い切って、一歩踏み出すことで人生が変わると思います!
手しごとの器・道具 テノナル工藝百職さまhttp://hyakushoku.petit.cc/

  • 購入場所:京都市左京区
  • 年代:30代
  • 購入金額:3,000万円前後
  • 種類:木造一戸建
  • 居住人数:2人

インタビューを終えて

お引越し後のお宅にお邪魔させていただき、こだわりの詰まった空間が
そこに広がっている様子を拝見できたことに大変感激しました。
『長く一緒に居てもあきないもの』。そうおっしゃっていただけたK様の言葉に深く共感しています。
数年先、数十年先の自分のライフスタイルをどうしていくか。
段階的に自分の将来を見据えていく中で、それでも飽きない何か。
年々愛しく感じる何か。が自邸から生まれてくるのだと、改めて確信させていただける貴重な時間でした。
K様、ご協力誠にありがとうございました!