京町家検定 トップページ
京町家とは?

現代の京の町並みの礎となってきた“町家”。その原点は平安時代にあると言われ、
歴史の変遷とともにその形は変化し、今日、町中で目にする町家の形になったのは
江戸時代後期だと言われます。町家をはじめ、日本の伝統的な建築様式は、その時代の
流れに応じて多様に変化してきました。

 

<“町家”とはどんな建物?>

 

平安時代には公家(貴族)の住居を「寝殿造」、安土桃山時代から江戸時代にかけて登場する

武家住宅を「書院造」、茶道用の建物をルーツに持つ、「数奇屋造」。
そして、常に支配される立場の庶民の住宅を総称して「民家」というように、
その用途によって分類されています。 さらに「民家」がより分類され、農業生産を主とした地域の
住宅を「農家」、そして商工業を中心とした都市型の住居を「町家」と呼びます。

 

「町家」は道に面して建てられていることが多く、平安京成立の頃には“職住一致”の町家の原型と
なるものが発生していたと、文献からも読み取れます。さらに全国各地においても町家の町並みは
残っており。宿場町や旧城下町に多く見受けられ、その代表例としては、岐阜県高山市、滋賀県
近江八幡市、石川県金沢市、奈良県奈良市、広島県竹原市などが挙げられます。
京都の町並みに倣いながらも、各々の地域の文化や気候などから異なる様式で発展してきました。
特に、京の都を模して碁盤の目に町が作られている地域は、「小京都」と称されています。

 

<現在の総戸数>

 

平成20年〜22年に行われた京都市の調査によると、市内中心部及び近郊や街道沿いに残存する
町家の数はおよそ47,000戸という報告がなされました。行政、市民団体が京町家の
保存再生を叫ぶ中、年間2%の割合で、町家が駐車場やマンションに姿を変えているのも事実です。

 

 

 

ページトップへ