琵琶湖のほとりに広がる大津
旧東海道が貫く古い町並みにある
昭和元年築の“大津町家”をリノベーションしました。

今回の『〇〇と』シリーズ
キーワードは「癒し」

庭を囲む廊下と縁側
火袋や吹き抜けがもたらす解放感
杉の無垢の心地よい香り
古材の優しい手触り

黒ずんだかつての火袋や
小屋裏のゴロンボ(梁)
本来の姿を残しながら。

日常の中で、
ささやかな安らぎと幸せをかんじる
癒しを散りばめた家

心満たされる暮らしを。