京都市左京区大原

左京区の山奥にある自然豊かな山里

左京区の山奥にある自然豊かな山里“大原”
歴史的建造物と四季折々の自然が融合した観光地。

京都市の東北の端に位置する左京区大原。

京都市内とは思えない長閑な田園風景が今も残り、
都会の喧騒を忘れさせてくれる静かな山里と呼ぶにふさわしい地域。
京都駅バスに乗車し1時間ほど離れた場所にあります。

左京区大原

大原のバス停から下車すると緑に囲まれた空間が広がり、
大自然に囲まれた山里は季節ごとに様々な変化を見せてくれます。

極楽浄土の別世界や名庭園をみることができる三千院、実光院、宝泉院、勝林院、来迎院、
聖徳太子が推古2年(594年)に建立された古刹 寂光院など奥深い歴史にも触れることができます。

京都市内で神社やお寺を堪能した観光客が、
市内の観光地とはまた異なった雰囲気をもった自然あふれる長閑な場所として大原を訪れます。
自然に調和するような建造物が多いことも大原の魅力の一つです。

里の駅 大原

里の駅 大原

毎週日曜日の6時から9時まで開催される“大原ふれあい朝市”は地元民と観光客で賑わいます。
大原で収穫した有機栽培や無農薬で採れた旬野菜、名産品の一つである柴漬けなど
実際に育てた農家の人々との会話を楽しみながら買い物できるのも大きな魅力で
20件から25件ほどの店舗が並びます。
実は、京都市内で営業する和食やフレンチなど名店のシェフも買いに来る朝市!

朝市が評判を呼び、大原里の駅は2008年に大原近郊の農家や手作り加工品店が出店する
旬菜市場となりました。毎週火曜日から日曜日の9時から17時まで営業しています。

大原は別名「京の田舎」とも呼ばれています。

本物件から参道(大原女の小径)を進むと大原の自然をそのままにした“三千院”があります。
三千院まで徒歩約6分(約480m)

大原で最も有名な観光名所“三千院”は、桜・あじさい・紅葉・雪景色と季節や天候で表情が変わる未知数の魅力があり、
地面を覆いつくすビロードのような美しい杉苔が楽しめる高貴な日本庭園です。

大原女の小径…京都バス「大原」バス停から「勝林院・三千院」や「寂光院」を参拝する際の徒歩用の小径(こみち)。
毎年、4月下旬から5月中旬に開催される、「大原女まつり」の時代行列では時代ごに異なる大原女の衣装を身にまとった大原女さん達が、
寂光院~勝林院にかけて行列巡行します。本物件の前を通ります。

平安時代から天台声明を受け継ぐ山里。

下の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。

公共交通機関で大原へ行く場合

【京都市営地下鉄烏丸線 国際会館駅】・京都バス19系統にて 約23分乗車 <時刻表> <乗り場

【京阪鴨東線 出町柳駅】・京都バス17系統にて 約33分乗車 <時刻表

【JR・近鉄 京都駅】京都バス17系統にて 約62分乗車 <時刻表> <乗り場

京都バス経路

間取 / 大原三千院参道沿いの店舗
小規模な店舗開業をお考えの方におススメです

京都市左京区大原来迎院町

物件と近隣の写真

メールにて問い合わせ
価 格 1,650万円
種 類 一戸建(店舗)
所在地 京都市左京区大原来迎院町400番2、557番
さきょうく おおはら らいこういんちょう
交 通 京都バス 大原停 徒歩約2分
敷地面積 107.79m²(約32.6坪)
私道負担
建物面積 1階:47.08m²  延べ:47.08m²
増築未登記部分(有)
建物構造 木造亜鉛メッキ鋼板ぶき平家建
築年月 昭和42年(1967年)4月
接道状況 幅員約3.8mから約5.6mの西側道路(公道)に
約6.8m接道
備 考 再建築不可(本物件は市街化調整区域にあり、
宅地造成及び建物の再建築はできません)
※上水道及び下水道の引込はされておりません。
別途費用負担が必要となります。
※トイレは現状汲み取り
設 備 電気・プロパンガス
法令制限 歴史的風土保存地域・風致地区第2種地域
大原特別修景地域
引渡し 即日
現 況 空家
建ペイ率 60%
容積率 100%
地 目 宅地
土地権利 所有権
地 勢 平坦
都市計画 市街化調整区域
国土法届 不要
小・中学校 大原小学校/中学校 徒歩約7分(約510m)
担当者 尾藤 »プロデューサー
取引態様 売主
最終更新日 平成29年7月20日(木曜日)
次回更新予定日 平成29年7月24日(月曜日)

トップに戻る